カテゴリ:暮らしの事( 83 )

c0160049_01224954.jpg







[PR]

カプローニ伯爵 「君は、4番線のメトロにマイケルジャクソンがいる世界といない世界、どちらを選ぶかね?」

マツムラガク 「マイケルジャクソンですか......」


その前夜、マツムラガクはムーンウォークの仕組みを自ら体得し、テンションが上がったのだった。

そして今日、4番線のメトロに乗っていたら、爆音が流れ出し、右をみると、マイケルジャクソン。

僕は、4番線のメトロにマイケルジャクソンがいる世界を選び、愛したいと思います。
歌も踊りも一生懸命で、もう最高でした。
しばらくはムーンウォークをちまちま練習する予定です。

ッア! (ジャクソン風に凡そ)

c0160049_07294214.jpg

ッア! (ジャクソン風に凡そ)




[PR]


母は小林旭が嫌いでした。
自分がyoutubeで大音量で『自動車ショー歌』を流したら、笑いながら「おーの!」と怒りよったです。それを見て楽しんでいました。
すいません、でも嫌いな理由はなんとなく分かる。

小林旭とは関係ないですが、家では最近ミシェル・ポルナレフの曲を流してます。
Holidaysがお気に入りです。
母は好きだったろうか、この髪と、この声と、あの眼鏡。






[PR]
c0160049_03102430.jpg
ポンピデューセンターで今開かれているサイ・トンブリー展。
彼の作品は、在るようで、ないような
あっちとこっちのシーソーのような
でもしっかりとそれはそこにあり、自分の目はそれを味わっていました。

初期の作品群にはキャンパスにクリーム色が広がっていて、そこには絆創膏を剥がした跡のような筆跡
それらをずーっとみていると、なにやら頭に「スパゲッティ」という言葉が浮かびました。

イタリアのローマで亡くなっているそうな。
スパゲッティは、どういうのが好きだったのだろう。

c0160049_03171590.jpg
おだやかは春で、朝晩はひやいです。



[PR]


食べられそうなすべてを食べた

という歌詞が好きです。

春ですね。。



[PR]
なんとなく、昔の記事、おかあの記事を読んでいた。
あまり読んだことがない、遠くにある気がしたのだと思う。

いやはや、感じたことの書き方とか、言葉の選び方とか、
うーん、似いちゅう。知らんかったというより、今、感じた。
これは、面白い。

と、頭の中で雑草のようなものを思い描きながら思いよった時
キリンジの『drifter』がステレオから流れて、目がうるうるした。危なかった。


c0160049_02264246.jpg




[PR]
c0160049_16243576.jpg

レンジファインダーカメラというもので、最近写真をとっています。
距離と光とほおの緩み具合と、眉間のシワ具合でハクションする感覚です。

ポルトガルの歩き旅でも撮り歩きました。
それらの写真を今、少しずつ現像しています。
自分でも楽しみです。

写真は地下鉄のポスターを張り替えているおじちゃんです。





[PR]
好きなもので身を包むことは、とても幸せである。
歩き旅をしたら、身に付けるものは数少なくて、でもそれらは自分のとっておきの服、気持ちをかたどる布であり。
その服、布はどのようにして僕の元へやってきたかといえば、大事な人たちが作ったもの、くれたもの、家族のお古であって。
その小さな歴史を身に纏って毎日毎日歩いていると、少しずつ気持ちは膨らんでいき、
ふと立ち止まって、纏っている布へ振り返れば、こっちへ微笑んでくれているような。
そういう温かさに助けられながら、歩き旅は無事におわりました。

今日はそんな服、布たちにアイロンをかけた。
それはまた小さな歴史とあたたかさを重ねちょって、それを畳む私の手は、ものすごく優しいものになっていた。

糸の隙間から、思いを巡らせて、勝手に元気をもろうて、歩きました。

ありがとうございました。

肌が焼けました。

c0160049_02053830.jpg






[PR]
c0160049_08534372.jpg

あ、なんかいい風。

とかね。


[PR]

c0160049_10541373.jpg

[PR]