午後18時。

東京では雪が降ったというに、こちらはやけにぬくい。
ということを、顔面で感じながら、街灯の帰路を歩いていると、男の子の泣く声がした。
そちらをみると、お父さんとその子が歩いている。男の子は、泣いている。

「がとー!」と泣きじゃくれている。

がとーとは、マドレーヌのようなお菓子のことである。
そのあとお父さんがポケットに手を入れたけんど、がとーをげっとできたがやろうかあの子。

僕は歩きながら、「ああ、もう一生がとー言うて泣きじゃくることはないろうな。」
と、寂しゅうなってしまった。

c0160049_03135232.jpg

[PR]


これを聴くと、初代ポケットモンスター赤のマサラタウンのテーマを思い出します。

これを聴くと、バロック音楽を思わせます。

これを聴くと、サラ・ヴォーンの、「シャーバダバディーッビ」を思い出します。

引っ越す前の我が家によく来ていたスズメちゃんは、もう何代目になっているのだろうと、母親の元へ時々顔を出しに行ってくれていたら嬉しいなと、目が覚めた、朝でした。

人肌恋しく、遠くへの想いに暖をとる季節になってきました。


[PR]

ひやい

とは
土佐弁で、

寒い

のこと

今、パリはこじゃんとひやいです。

こじゃんと

とは
土佐弁で、

すごく

のこと

12月の旅人とは
誰のことでせう






[PR]
僕のお袋は「ほいさっさ」という言葉をよく使ったらしいです。

うん、分かるぞ。




[PR]
c0160049_07094578.jpg



[PR]