c0160049_04573957.jpg




[PR]
c0160049_08054745.jpg

最近零下なが。
ひやいが。


[PR]
c0160049_06222425.jpg

今年も美しい想いと、幾つか出会えますように。
たくさん笑えますように。
自分を包む人々が健康でありますように。

いや〜!
パリこじゃんとひやいちや!

凡そ




[PR]

c0160049_21101006.jpg

朝起きてテーブルの上には食べかけのケーキ。
郵便局へ手紙と小包を出してきて、食卓で珈琲を淹れる。
甘すぎるチョコレートケーキ、得意ではない。
土台のしゃかしゃかとした食感のやつを珈琲と一緒にたべるのむ。
丁度よい。

お楽しみは最後にと残しておいた板にはfêteと書かれていて
かすれ具合が美味いコトこの楽しみの後の空味をだしちょった。

なんかこういうのは食べずに眺めてしまう。
特に何も考えんで。
すると、食べた跡がハートになっちゅうことに気がついた。

母を想った。
特に何も考えんで。

凡そ


                   


[PR]
「お勉強じゃない!」
c0160049_18234923.jpg

お勉強をする兄がかまってくれない。
妹は、笹取りにいくという約束をしていたのに。
僕たち弟妹は、こうした境遇をくぐりぬけてきたのではないでしょうか。
やはり年が上だから、やることは僕たちよりもあるし、ちょっぴり大人っぽいなあ。
と思いつつ、やはり駄々はこねます。まずはこねてみる。

僕も何回もこういうことがありました。
9歳離れた兄は、布団に寝ころがり、こち亀を読みながらコーンフレークを食べる。
「遊んで」と頼んでもこち亀を読む。そしてちゃんと昼寝をかます。お勉強じゃない。

僕はすぐに親のところにかけ寄り、思いっきり

「約束がやぶけた!」

と言いよったらしいです。

世の中の兄弟は、こうしてブラザーズになっていくのかと考えると、なんだか微笑ましいです。
朝露を眺めていると、こうしたことを思い出しました。
いつもなにかとセンキューブラザー。





[PR]