c0160049_16553810.jpg
最近ちょっとタバコを吸い始めた。

『港町』というドキュメンタリー映画を高知県立美術館へ見に行った。
館内には過去に行われた公演のポスターが貼られており、そこにピナがおった。
ピナ・ブッパタール舞踏団が高知にきたのだ。
梅原さんのご尽力があっての、奇跡のような出来事だったと思う。
そのポスターは写真に撮って、親父にlineで送った。
(日本の美術館、資料館等はなぜポスターを売らないのか不思議に思うことをここに書落とす)

ピナもたばこを吸う。
稽古場で吸う彼女のたばこは、まるでほにゃららほにゃらら。
などの形容は必要ないかなと思う。
ただ、ピナも、安部公房も、松村ひろ子も、僕の父方のおばあちゃんも、タバコをすう。
僕は彼女らの「憧れ」も手伝って、吸い始めた気持ちがある。
『大人は判ってくれない』でレオーはたばこを吸い、酒を飲む。
それは大人への「憧れ」の表れだ。

夜友達とたばこを吸った。
夜に小さな火の灯りを眺めるのは線香花火以来だった。
舌足らずな煙を吐き出しては、自分を暴露したりする。
同じものを共有しゆきできたことだと感じる。
お袋は一人でも吸っていたが、なおことよう台所で吸いよった。
自分はその画に憧れを持っている。
煙に包まれてふわっとした女性二人を見る自分の幼い目。

自分は憧れから喫煙を始めた。
ボンコアンの台所の小さい換気扇に向かって、煙を吹いています。

凡そ








[PR]

暗くなる足の早くなった昨晩
ポギーは携帯にひとつの着信を受け取った。
無事におばあちゃんは岡山県についたそうな。


[PR]
c0160049_17260048.png
お知らせが遅くなりました。11月のボンコアンの営業日をお知らせします。
 3, 4, 7, 10, 11, 14, 17, 18, 21, 24, 25, 27, と、毎週、水曜日、土曜日、日曜日に開店します。
 尚、7、11、21、25日は、にこみちゃん出勤の為、午後17時までの営業とします。
 よろしくおねがいします。

 昨日は岡山からおばあちゃんがボンコアンに泊まりにきました。
 かりんを見つけて、それは果実酢につけて風邪になった時ちょびちょび飲んだらえいと教わった。
 おばあちゃんの知恵第1号。二人でぼやっと下町ロケットを見たのはいい思い出。
 
 今年もあとふたつき。時間は歩く。歩いて歩いて歩き続ける。
 12月にちろっと催し物をします。
 それを煮詰める11月。
 おでんを煮詰める11月。  
 
 これからひようなります。
 あったかくしましょう。
 そしてひようなると思うてふと頭に浮かんだのは、
 手編みのマフラーをくれる、ときめきメモリアルのキャラクターです。 
 重症です。それでは!

 凡そ 

 
 

[PR]
c0160049_04073519.jpg
モザイクというバーで店主の小松さんと長いことお話をした。
その中で思ったことがある。

ボンコアンの前の車道。
細い道やけど、よう車もくるし意外と人通りも多い。
小学生たちの通学路にもなっちょって、色とりどりなランドセルがよう歩きゆ。

その日は父とボンコアンの外に長ベンチを置いて、そこでコーヒーを飲んでいた。
その時の甘もんは訳ありのカステラ達やった。

午後も深まり、小学生たちがとぼとぼ帰ってきた。
向こう側とぼとぼ。
父「おかえりー」
あちらは驚いたようにこちらをみる。
とぼとぼ進む。
「おかえりーいうたね。」
「これは言わないかんがやき」

人と人の接する上で、挨拶は大切やと小松さんから言われた。
最初にカーテンを開けておく。ほいたら視界がひらける。新芽がでる。
自分はできゆろうか

ひと昔前はみんなあよう挨拶しよったでと小松さんは言う。
みんなあどんどん一人になっていきゆがやろうか。
そんな一抹の不安がペルノーの味に交錯した。

ご近所さんに挨拶してますか?

凡そ。


[PR]

ぺーたっ
ぺたっぺたーぺ
たっぺたーぺたっ
たっぺーたっぺたっぺたー
たっっっぺった

洗濯男もおったでしょうね。


[PR]